• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

旧刑法で、拘留科料にあたる軽い罪の総称。明治18年(1885)の違警罪即決例により、正式裁判によらずに警察署長が即決処分によって罰することが認められていた。昭和23年(1948)軽犯罪法施行で失効。

[社会/法律]カテゴリの言葉