• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 五十年忌、百年忌など、没後に長い期間を経て行われる年忌。

  1. 仏教諸宗派で、宗祖や中興の祖などの五十年忌ののち、50年ごとに遺徳を追慕して行う法会。