• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[形ク]

  1. 遠くはるかである。

    1. 「富士の嶺のいや―・き山路をも妹がりとへばけによはず来ぬ」〈・三三五六〉

  1. 永久である。永遠である。

    1. 「音のみも名のみも絶えず天地のいや―・く偲ひ行かむ」〈・一九六〉