[動サ下二]
  1. よこす。届けてくる。

    1. 「講師、もの、酒―・せたり」〈土佐

  1. (動詞の連用形に付いて)その動作が自分の方へ及ぶことを表す。こちらへ…する。…してくる。

    1. 「空合はせ(=夢判断)にあらず、いひ―・せたる僧の疑はしきなり」〈かげろふ・下〉

[動サ四]の四段活用化》1に同じ。
    1. 「極道めが―・しをらぬわい」〈滑・浮世床・初〉

出典:青空文庫