• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

建築の基礎工事にかかる前に、柱・壁の位置や基礎の幅・高さなどを標示するために設ける仮設物。ふつう杭 (くい) を打ち、貫 (ぬき) を打ち付けて印をつけたものを作る。