適者生存の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

生物は、環境に最も適したものが生き残り、適していないものは滅びるということ。▽イギリスの哲学者・社会学者ハーバード=スペンサーによって提唱された生物進化論。
用例
その過程で適者生存の原則が適用され、強いものが生き残って、自然淘汰とうたが行われていく。<江藤淳・漱石における世紀末>
類語
自然淘汰しぜんとうた 弱肉強食じゃくにくきょうしょく 生存競争せいぞんきょうそう 優勝劣敗ゆうしょうれっぱい

適者生存の解説 - 学研 四字辞典熟語

ある環境において、最も適応できる生物だけが生き残り、適応できない生物は淘汰とうたされるという生物学の用語。
注記
イギリスの哲学者ハーバード・スペンサーが提唱し、ダーウィンが『種の起源』の中で使ったもの。転じて、社会的な競争の厳しさについていう。
類語
自然淘汰しぜんとうた 弱肉強食じゃくにくきょうしょく 生存競争せいぞんきょうそう 優勝劣敗ゆうしょうれっぱい

適者生存の解説 - 小学館 大辞泉

survival of the fittest》生存競争で環境に最も適したものだけが生き残って子孫を残しうること。スペンサーの造語で、ダーウィンが「種の起源」で自然選択より的確な語であると述べた。

キーワード[生存競争]の四字熟語

キーワード[適応]の四字熟語

出典:青空文庫