• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

郢書燕説の解説 - 学研 四字辞典熟語

意味のないことをあれこれこじつけて、いかにも道理にあっているように説明すること。
注記
「郢」は、中国戦国時代、楚の国の都。「燕」は、国名。
故事
中国戦国時代、楚の都・郢の人が燕の国の大臣にあてて手紙を書かせていたとき、灯火が暗かったので、灯火を持つ者に「燭しょくを挙げよ」と命じたところ、筆記者が誤ってこのことばを手紙に書きこんでしまった。その手紙を読んだ燕の大臣は、これを「明を挙用せよ、すなわち賢人を登用せよ」という意味に受けとって実行してみると、その結果、国がよく治まったという。
出典
『韓非子かんぴし』外儲説がいちょせつ・左上

キーワード[こじつけ]の四字熟語