• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

律令制以前における豪族の私有民。それぞれ職業を持ち、蘇我部・大伴部のように主家の名を上に付けてよばれた。大化の改新後は廃止され、特に天武朝後は公民となった。かき。かきのたみ。→部 (べ) 部民 (べみん) 

「丹波、但馬、因幡の私 (わたくし) の―を進 (たてまつ) る」〈雄略紀〉