故郷の国ざかい。また、郷里。

「―をたちでる折」〈逍遥当世書生気質

出典:青空文庫