酒池肉林の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

ぜいたくの限りを尽くした盛大な宴会。また、みだらな宴会のたとえ。酒を池に満たし、肉を林に掛ける意から。
出典
『史記しき』殷紀いんき
句例
酒池肉林の宴
用例
本望は唯ただ獣慾を逞たくましゅうするのみに止まり、先ず高大なる家を作り、酒池肉林、一夕千金を抛なげうち、妾めかけを飼い、<福沢諭吉・福翁百話>
類語
鐘鼎玉帛しょうていぎょくはく 肉山脯林にくざんほりん
故事
いんの暴君紂王ちゅうおうは、池に酒を満たし、木々に肉を掛け、男女を裸にして、その間を追いかけ回らせ、昼夜を分かたず酒宴を張ったという故事から。

酒池肉林の解説 - 学研 四字辞典熟語

ぜいたくの限りを尽くした豪華な宴うたげのこと。豪遊のたとえ。一般には、淫みだらな酒宴。酒に溺おぼれ、色欲にふけったぜいたくな生活のこと。池を満たすほどの酒と、林に見えるほどのたくさんの肉という意味から。
注記
出典の「酒さけを以もって池いけと為し、肉にくを縣けて林はやしと為す」による。
故事
中国殷いんの紂王ちゅうおうは、美酒で満たした池を造り、そのまわりに、たくさんの肉を木につるして林にし、全裸の男女にその間を走らせて、興じたという。
出典
『史記しき』殷いん
類語
肉山脯林にくざんほりん

酒池肉林の解説 - 小学館 大辞泉

《「史記」殷本紀の「酒を以て池となし、肉を懸けて林となす」から》酒や食べ物がふんだんにある、贅 (ぜい) を極めた酒宴。

[暮らしぶりを表す/贅沢・ごちそう/贅沢]カテゴリの四字熟語

キーワード[宴会]の四字熟語

キーワード[贅沢]の四字熟語

出典:青空文庫