• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、疱瘡 (ほうそう) が治ったあとの子供に浴びさせた、酒をまぜた湯。また、その湯を浴びること。笹の葉を湯に浸してふりかけたともいう。さかゆ。