• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
(酔いどれ船)《原題、(フランス)Le Bateau ivreランボーによる長編韻文詩。1871年、著者17歳のときの作品で、ベルレーヌに絶賛された。自筆原稿は現存せず、ベルレーヌの筆写原稿により現代に伝わる。
(酩酊船)森敦の小説。横光利一の推薦により、昭和9年(1934)「東京日日新聞」に連載、注目を集めた。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[文学/外国の作品]カテゴリの言葉