• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

酔眼朦朧の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

酒に酔ってとろりとした目付きになり、頭もぼうっとして、辺りの物がはっきり見えないさま。▽「酔眼」は酒に酔ったときのとろんとして定まらない目付き。「朦朧」はかすんではっきりしない様子。
出典
蘇軾そしょく「杜介とかいうおを送おくる」(詩)
句例
酔眼朦朧たるありさま
用例
敬之進は覚束おぼつかない足許あしもとで、ややともすれば往来の真中に倒れそうに成る。酔眼朦朧、星の光すら其その瞳には映りそうにも見えなかった。<島崎藤村・破戒>
類語
酔歩蹣跚すいほばんさん
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

酔眼朦朧の解説 - 学研 四字熟語辞典

酒に酔って、目の焦点が定まらず、物がよく見えないさま。酔いで目がまわってぼんやりとしているさま。
注記
「酔眼」は、酔った時の目つきのこと。「朦朧」は、かすんで物や形がよく見えないさま。
出典
蘇軾そしょく「杜介とかいうおを送おくる」
用例
敬之進は覚束おぼつかない足許あしもとで、ややともすれば往来の真中へ倒れそうに成る。酔眼朦朧、星の光すらその瞳ひとみには映りそうにも見えなかった。〈島崎藤村・破戒〉
類語
酔歩蹣跚すいほばんさん

酔眼朦朧の解説 - 小学館 大辞泉

[ト・タル][文][形動タリ]酒に酔って目先がぼんやりしているさま。「酔眼朦朧として何も見えず」

キーワード[酒]の四字熟語

キーワード[明瞭/不明瞭]の四字熟語

難読漢字遊戯 漢検上位レベルの問題に挑戦! goo辞書

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。