1. カタバミ科の多年草。道端などに生える。茎は地をはい、多数の小枝を出す。葉は3枚の小葉からなる複葉で、紅紫色のものもあり、夜は閉じる。春から秋、黄色い5弁花を開く。果実は円柱形で、熟すとはじけて種子を飛ばす。全体に蓚酸 (しゅうさん) を含み、酸味がある。すいものぐさ。こがねぐさ。 夏》「蔵の陰―の花珍らしや/荷兮

  1. 紋所の名。カタバミの葉を図案化したもの。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[夏/植物]の季語