• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「酸」「楚」ともに、いたむ意》悲しみいたむこと。また、悲しくつらいこと。

「兎角世の中は―勝 (がち) なものだ」〈逍遥・内地雑居未来之夢〉