• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

(多く接頭語的に、また「しこの」の形で用いて)醜悪なもの、憎みののしるべきものなどにいう。また、卑下の気持ちを込めて用いることもある。「醜女 (め) 」「醜草」「醜の御楯 (みたて) 」

[補説]本来は、他に、強く恐ろしいことの意もあり、神名などに残る。→しこお2