• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「釈」「奠」ともに、供え物を置く意》陰暦2月と8月の上の丁 (ひのと) の日に孔子を祭る儀式。古代中国では先帝先師の祭りの総称であったが、後漢以来孔子とその弟子を祭る大典をいうようになった。日本では大宝元年(701)に初めて大学寮で行われ、室町時代には衰微したが、江戸時代に幕府・諸藩が再興、現在も湯島聖堂などで行われている。しゃくてん。さくてん。 春》「―や誰が註古りし手沢本/草城

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[春/行事]の季語