• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大乗起信論」の注釈書。10巻。竜樹著、筏提摩多 (ばっだいまた) 訳とされるが、7~8世紀ごろ中国・朝鮮で成立したともいわれる。日本では真言宗で重要な書とした。釈論。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉