• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

釈近謀遠の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

身近なところや今をおろそかにして、いたずらに遠いところや、はるか将来のことばかり考えること。実際的なことを考えず、迂遠うえんなことをするたとえ。また、身近なところや今を、よく考えるべきであるという戒めの語。▽「釈」は捨てる意。一般に「近ちかきを釈てて遠とおきを謀はかる」と訓読を用いる。
出典
『三略さんりゃく』下略かりゃく。「近きを釈てて遠きを謀る者は労して功無し」
類語
舎近求遠しゃきんきゅうえん 舎近図遠しゃきんとえん 舎近謀遠しゃきんぼうえん

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。