• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「さとみ(里曲)」の平安時代以後の誤読》人里のあるあたり。

「―の火影 (ほかげ) も、森の色も」〈文部省唱歌・朧月夜〉