律令制下の地方行政区画の最小単位である里の長。郡司の監督下に里内の統制・徴税にあたり、雑徭 (ぞうよう) を免ぜられた。さとおさ。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉