• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「かさねうちぎ」とも》平安時代以降、公家の女子が日常着として、単 (ひとえ) の上にを数枚重ねて着ること。重ねの袿。五つ衣 (ぎぬ) 。