• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

上代の天つ罪の一。他人が穀物の種をまいた上に、さらに種をまいて穀物の生育を害すること。

「時に素戔嗚尊 (すさのをのみこと) 、春は則ち―し」〈神代紀・上〉