• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

重回帰式による予測値と実際に測定される値との相関関係の程度を示す数値。相関係数のうち、説明変数が2つ以上あるもの。-1から1までの値をとり、1に近いほど正の相関関係、-1に近いほど負の相関関係が強く、0に近いほど相関関係が弱い。2乗すると決定係数が得られる。