《「しげとう」とも》弓の束 (つか) を黒漆塗りにし、その上を籐で強く巻いたもの。大将などの持つ弓で、籐の巻き方などによって多くの種類がある。正式には握り下に28か所、握り上に36か所巻く。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉