• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

コンピューターシステムで取り扱うデータにおいて、データ内の重複を取り除き、保存や転送の効率化を図ること。ファイルの圧縮と異なり、複数のファイルにまたがる重複の除外も行う。また除外した箇所には参照情報が付されるため、あとで元の状態に復元できる。バックアップ用データの保存やビッグデータの取り扱いなどで利用される。重複除外。デデュプリケーション。データデデュープ。