• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

野々口立圃の解説 - 小学館 大辞泉

[1595~1669]江戸前期の俳人。京都の人。名は親重 (ちかしげ) 。雛人形屋を営み、雛屋と称した。連歌・和歌に長じ、俳諧を松永貞徳に学んだが、のち貞徳に対抗して一派を開いた。著「はなひ草」、句集「そらつぶて」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉