• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]田舎の僧侶。また、僧侶を軽蔑していう語。
    1. 「茶飲まん、訪はんと云ひて、つひに訪はず。―なり」〈胆大小心録

[代]一人称の人代名詞。僧侶が自分をへりくだっていう語。拙僧。
    1. 「もし飢ゑ給ふとならば、―が肉に腹を満たしめ給へ」〈読・雨月・青頭巾〉