• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

皇女や女王が斎宮斎院になるとき、潔斎のため1年間こもった仮の宮殿。斎宮のものは嵯峨、斎院のものは紫野に設けた。

謡曲。三番目物源氏物語に取材。六条御息所 (ろくじょうのみやすどころ) の霊が現れ、葵 (あおい) の上光源氏の愛を奪われた悲しい思い出を語り、舞をまう。