• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

新しい草がよく生えるように、春のはじめに枯れ草に火をつけて野を焼くこと。 春》「古き世の火の色うごく―かな/蛇笏

[春/生活]の季語

出典:gooニュース