• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「介」は、鎧 (よろい) 》イノシシに鎧を着せたようなものの意で、むこう見ずな人をたとえて言う。猪武者 (いのししむしゃ) 。