• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、野郎歌舞伎女形の役者が、前髪をそったあとを隠すために置き手拭 (てぬぐ) いをしたのが変化し、帽子のようになったもの。多く紫縮緬 (ちりめん) などで作った。