• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名](スル)ある分量のものを升・秤 (はかり) で何度かに分けてはかっていくうちに、総量がはじめの全体の量目より少なくなること。