• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 測定の対象となり、大小の比較が可能なもの。質量・長さ・時間・個数など。また、測定して得られる数値や限度。「量が多い」「量より質」

  1. 論理学で、判断が全称判断特称判断かということ。

  1. インド哲学漢訳術語で、知識一般のこと。直接知覚による認識を現量、それを超える対象の論証を比量という。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉