古代インドの武器。のちに密教で、外道悪魔を破砕し煩悩 (ぼんのう) を打ち破る象徴として用いる法具。真鍮 (しんちゅう) 鋼 (はがね) などで作り、中央の握りが細い。両端のとがった独鈷 (とっこ) 杵、両端の分かれている三鈷杵五鈷杵などがある。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉