• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

不動明王や降三世明王などが左手に持っている綱。衆生 (しゅじょう) をとらえて済度 (さいど) することを象徴する。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉