• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸幕府の金貨鋳造所。勘定奉行の管轄下にあった。文禄4年(1595)徳川家康後藤庄三郎光次を江戸に招いて小判を鋳造させたのに始まり、駿府・京都・佐渡にも設けられたが、その後江戸に統合された。明治2年(1869)造幣局の設置に伴い廃止。