• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

金春禅鳳の解説 - 小学館 大辞泉

[1454~1520ころ]室町後期の能役者・能作者。名は八郎元安。禅鳳は法名。禅竹の孫。金春座大夫として、観世座と対抗。作品に「一角仙人」「嵐山」、理論書に「毛端私珍抄」「反古裏之書」など。

[演劇・映画/能・狂言の俳優・奏者・作家]カテゴリの言葉