• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

金枝玉葉の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

天子の一族や子孫のたとえ。また、美しい雲の形容。また、花樹の枝葉が金玉のように美しく茂る意。▽天子の一族の意のとき、「金」「玉」は高貴のたとえ、「枝」「葉」は一族や子孫のたとえ。「玉葉金枝ぎょくようきんし」ともいう。
出典
『古今注ここんちゅう』輿服よふく
用例
只々ただただ金枝玉葉の御身として、定めなき世の波風に漂い給うこと、御痛わしゅう存じ候。<高山樗牛・滝口入道>
類語
金枝花萼きんしかがく 瓊枝玉葉けいしぎょくよう

金枝玉葉の解説 - 学研 四字辞典熟語

天皇や天子の一族・子孫のたとえ。また、美しい雲の形容。その他、花樹の枝葉が黄金や珠玉のように美しく茂る意としても用いられる。
注記
「金」は黄金、「玉」は珠玉で、ともに高貴な一族のたとえ。「枝」と「葉」は、いずれも一族や子孫のたとえ。「玉葉金枝ぎょくようきんし」ともいう。
出典
『古今注ここんちゅう』輿服よふく
類語
瓊枝玉葉けいしぎょくよう

金枝玉葉の解説 - 小学館 大辞泉

天皇の一門。天子の一族。皇族。

キーワード[君主]の四字熟語

キーワード[身分・身元]の四字熟語