• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉中期、北条実時 (ほうじょうさねとき) が武蔵国六浦庄金沢郷(横浜市金沢区)の称名寺境内に設立した文庫。和漢の貴重図書を収蔵し、「足利 (あしかが) 学校」と並んで中世教育史上の重要な存在。昭和5年(1930)公開図書館となる。所蔵する多数の古文書類は「金沢文庫古文書」として刊行されて、典籍類も刊行中。かねさわぶんこ。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉