1. 《古くは「きんばく」》金の薄板を槌 (つち) でたたいて薄紙のように延ばしたもの。「漆器に金箔を置く」

  1. 実質以上によく見せかけた外見。また、りっぱな肩書きや身分。

出典:青空文庫

出典:gooニュース