• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代以後、宮中や将軍・貴人の邸内にあった湯殿。また、そこに奉仕した人。かないどの。

「御湯殿、とある折は、―いみじう喜びをなして仕うまつるもあはれなり」〈栄花・玉の飾り〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉