• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

いくら努力して小銭をためても、一方で使ってしまえばまとまった蓄えにはならないことのたとえ。

「その上に世間の義理をも勤めては、―といふは」〈浮・万金丹・四〉