• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

釣瓶を井戸の中へ落とすときのように、まっすぐにはやく落ちること。特に、秋の日のたちまち暮れてしまうさまをたとえていう。「秋の日は―」 秋》「―といへど光芒しづかなり/秋桜子

[秋/天文]の季語