• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

北海道東部、釧路市から釧路町・標茶 (しべちゃ) 町・鶴居 (つるい) 村にかけて広がる泥炭性草原湿地。面積は約180平方キロメートルあり、サロベツ原野とともに日本最大級の湿原。周辺地域を含め湿原全域が国立公園となっており、野生の動植物の宝庫。昭和55年(1980)ラムサール条約に登録された。

[地理/日本地名/北海道]カテゴリの言葉