• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 平安時代、女房の晴の装束で、宝髻 (ほうけい) とよぶ髪上げの際に使用したかんざし。

  1. 近世以来、女房が正装のときに前髪の正面につけた飾りの平額 (ひらびたい) 。従来の釵子をかんざしと呼んだことに対して、これと区別するための呼称。