• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鈴木三重吉の解説 - 小学館 大辞泉

[1882~1936]小説家・童話作家。広島の生まれ。夏目漱石の門下。短編「千鳥」で認められ、大正7年(1918)児童雑誌「赤い鳥」を創刊、児童文学の発展に尽力。小説「小鳥の巣」「桑の実」など。

鈴木三重吉の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
広島県広島市
生年月日
1882年9月29日 てんびん座
没年月日
1936年6月27日(享年53歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉