1. 金属・陶器などの、下部に裂け目のある空洞の球の中に小さい玉が入っていて、振り動かして音を立てるもの。神社にある大きなものや、合図用・装飾用・玩具用のほか、神楽・能楽・歌舞伎などの楽器としても用いられる。「拝殿で鈴を鳴らす」「猫の首に鈴をつける」

  1. (「鐸」とも書く)釣鐘型で、舌 (ぜつ) をつるし、振り動かして音をたてるもの。風鈴の類。鐸 (たく) 。れい。

  1. 西洋音楽の打楽器の一。1および2の形状のもの2種がある。ベル。

  1. 駅鈴 (えきれい) 。

    1. 「―ばかり給はって」〈平家・五〉