• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鉤心闘角の解説 - 学研 四字辞典熟語

高い建物がいくつも並んでそびえ立ち、密集しているさま。また、それぞれが智略をふるって争うことのたとえ。
注記
「鉤心」は、車軸。転じて、屋根の中心が集まるところ。「闘角」は、角つのを闘わせること。転じて、とがった屋根の軒先が入り交じって、まるで動物が角を突き合わせて闘っているように見えること。かぎの形をした屋根が集中し、屋根の軒先が接していて、角を突き合わせて闘っているように見えるという意から。
表記
「鉤」は「勾」、「闘」は「鬥」とも書く。
出典
杜牧とぼく「阿房宮賦あぼうきゅうのふ

キーワード[戦い]の四字熟語