• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 革帯などの留め金具。革緒の端を通す鉸具頭 (かこがしら) という鐶 (かん) と、革緒の穴に通す刺鉄 (さすが) とからなる。帯・甲冑 (かっちゅう) などに用いる。尾錠 (びじょう) 。かく。

  1. 馬具の部分の名。鐙 (あぶみ) の頭頂部の金具で、これを力革 (ちからがわ) に留め、鞍と鐙とをつなげる。かく。